読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【こんな展示をつくります】みんなでつくる”釜石のこれまでと、これから” ワークショップ

PRイベント

2月22、23日に開催する、釜石ミュージアムカフェにて、
『みんなでつくる”釜石のこれまでと、これから。”ワークショップ』(両日14:00~22:00まで)を行います。

ワークショップでは、震災以降みなさんが釜石で撮影した写真を集め、5年間のまちの変化を伝える展示<写真パネル>を作ります。

この記事では、ワークショップで作りたい展示&参加方法をご案内します。

 

ワークショップで作りたいモノ

このくらいの大きさのパネル(or紙)に、

f:id:kamaishi-korekore:20160210194052j:plain

 

みなさんが釜石に撮影した写真を貼っていき、

f:id:kamaishi-korekore:20160210195657j:plain

 

2日間を通して、1つの展示<写真パネル>を作ります。

 

建物の変化、人の表情の変化、釜石に来る方の活動内容の変化など…たくさんの写真を通して、ボランティアなどで釜石を訪れたみなさんの視点から、まちの変化を伝える展示を作りたいと思います。

 

ワークショップへの参加方法

①写真データをご準備ください。

*2011年の震災以降、釜石で撮影した写真が対象となります。

*写真のデータは【JPEG画像】でお願いします。

*人が入っている写真の場合、写っている方の使用許可を事前にお取りいただけますようお願いします。

*データではなく、プリントした写真でも可能ですが、写真の返却をすることができません。

 

②写真データをイベント会場までお持ちください。

*データはUSBメモリーなどのデータ媒体、又はメールなどを通して、当日スタッフにお渡しください。

 

③スタッフが、その場で写真をプリントします。

f:id:kamaishi-korekore:20160210140811j:plain

 
④会場の壁に設置した大きなパネル(or紙)に、自由に写真を貼ってください。

写真と一緒に撮影時のエピソードも書いていただけると、なおうれしいです。
(ペン、付箋は運営がご用意します)

f:id:kamaishi-korekore:20160210194235j:plain

 

⑤2日間のイベントを通し、1つの展示<写真パネル>が完成します。

どんなモノができるでしょうか?
また、完成した展示<写真パネル>は、3月19~22日『釜石のこれまでと、これから。』期間中、釜石情報交流センターに掲示します。

 

期間は2月22日(月)、23日(火)両日の14時~22時まで。スタッフがお待ちしております。

多くの方々からのご協力&ご参加をお待ちしております!