読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【SpecialTheme1 鉄①】<現在>世界遺産と製鉄所

f:id:kamaishi-korekore:20160214165215j:plain

*この記事は、SpecialTheme1 鉄 Part1です (Part2Part3Part4Part5)

 

<現在>世界遺産と製鉄所

昨年、釜石市橋野町にある橋野鉄鉱山(橋野高炉跡及び関連遺跡の総称)が『明治日本の産業革命遺産』の1つとして、世界遺産に登録されました。

f:id:kamaishi-korekore:20160306142715j:plain

↑ 橋野山中に残る橋野高炉跡

 

盛岡藩士の大島高任(たかとう)は、釜石の大橋に洋式高炉を建設。1858年1月15日(=安政4年12月1日)、日本初の洋式高炉による連続出銑(しゅっせん)に成功します。その成功をもとに作られたのが、前述の橋野の高炉です。

そこから釜石の近代製鉄の歴史が始まり、現在も釜石駅前に製鉄所が立ち並んでいます。製鉄所の煙突から絶えず出る煙は、今も昔も釜石の象徴の1つです。

f:id:kamaishi-korekore:20160306142648j:plain

↑ 釜石駅前には近代製鉄の父・大島高任の像

 

*SpecialTheme1 鉄の記事はこちら